奇岩奇石の秋の妙義山

画像


秦野を6時前に出発し、圏央道経由で関越道に乗り松井田妙義IC~道の駅妙義に8時12分に到着。
妙義山神社周辺は紅葉真っ盛り、道の駅から 白雲山を
画像


妙義ふるさと美術館の庭には真っ赤なもみじが
画像

中心の少し右側に 「大の字」が
画像


中之嶽神社前の駐車場から 近藤さんではなく 金洞山(こんどうさん)を望む
画像


駐車場から見た荒船山(奥の少し霞んでいる平らな山)
画像


案内板
画像


切り立った山と紅葉
画像


駐車場から車道を10数分くらい戻って 石門のある登山道に
画像


第1の石門(大きいーーー)
画像

画像


第2の石門(ここはかなり危ないクサリ場があるので迂回路もあります)
画像


かにのよこばい(岩に掘り込まれた細い道をクサリを握り渡る。写真なし) と たてばりのクサリ場
画像


第2石門から後ろを振り返ると
画像


同じく前を見ると
画像


第2石門の下りのクサリ場
画像


またクサリ場が
画像


ここから階段などを歩き、分岐した道を行くと第3石門に(この先は行き止まり)
画像


この近くの紅葉
画像


数分で第4の石門に(この付近は絶景)駐車場から約1時間10分
画像


門の中に大砲岩が
画像


大砲岩近くの岩山
画像


天狗のひょうてい へのクサリ場(一枚岩で垂直に近い。岩に足場が掘ってある)
画像


白雲山を望む(左の岩が顔みたいに見える。何かの仏像?埴輪に似ている)
画像


胎内くぐりの岩窓から
画像


天狗のひょうてい(狭い岩尾根を渡る)
画像

ここからはるか眼下の駐車場を望む
画像


岩の芸術品だね
画像

画像


大砲岩
画像

画像


大砲岩から近藤さん×××金洞山と紅葉を望む(まさかこの山に登るとはこの時は考えていなかった)
画像


大砲岩から第1石門
画像


同じく第4石門
画像


ゆるき岩と周辺の岩山
画像

画像

画像

画像

まさに奇岩奇石のオンパレード

帰りの第4石門で一休み、これが大間違い。まだ時間が早いから金洞山に登ろうかと・・・・
最初の駐車場での写真の高い山の間に大きな切れ込みのあるところまで登り、その切れ込みから山の裏側に回り込んで登るコースです。
画像


途中クサリ場や急な濡れた崖をロープを頼りに登り、金洞山直下に
画像


ここからさらに高度感が増した駐車場を望む
画像


ここからは垂直なクサリ場  先にいた3人の人たちはここで断念して下山。
画像


中間のクサリ場まで登ることに  ここから反対の山を
画像


登頂を断念して下山。 少しスリルがあり過ぎの気がしたが変化があり楽しかった。


中之嶽神社  岩山がご神体みたい?
画像


画像


金色の大黒様の像と金洞山
画像





妙義山 駐車場











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック