9月のてくてくウォーク

今日12日は9月の月例のてくてくウォークin蓑毛

だんだんと秋色に染まる蓑毛道を歩く

画像


道端のあちこちに彼岸花が咲き始めていた
画像


秋の七草の萩  白い萩
画像


棚田の稲も色づく
画像

画像


アオサギ
(食性は動物食で、魚類、両生類、鳥類の雛、小型哺乳類、甲殻類、昆虫などを食べる。水辺で待ち伏せたり、水辺や浅瀬を徘徊しながら獲物を探す。獲物を発見すると、素早く頸部を伸ばし捕食する。水深の深い場所では、体を水に浮かべて泳いでいることがある。優雅な姿をしているが、意外にも攻撃的で神経質な鳥で、餌場では羽毛や飾り羽を逆立てて他の鳥を威嚇して追い出すことがよくある。特に獲物が共通するダイサギなどのサギ類には容赦なく攻撃をしかけて執拗に追い立てる。 また、獲物に対する執着も強く、他の鳥から獲物(主に魚類)を奪って捕食することが見られる。ミサゴなどの猛禽類や、時にはツルやコウノトリなどの自分よりもはるかに強大な相手でも付け回して隙があれば横取りする、。ウィキペディアより)
画像



ツルボ   これもあちこちに群生
画像


ムラサキツユクサ
画像


クズ
画像

(つるを伸ばして広い範囲で根を下ろし、繁茂力が高い。かつての農村では、田畑の周辺に育つクズのつるを作業用の材料に用いたため、定期的に刈り取られていたが、刈り取りを行わない場合は短期間で低木林を覆い尽くすほど成長が早い。伸び始めたばかりの樹木の枝に巻き付くと、それによって樹木の枝が曲がってしまうこともあるため、人工林においては、若木の生長を妨げる有害植物と見なされている。古来から大きく肥大した塊根に含まれるデンプンをとり、「葛粉」として利用されてきた[3]。秋から冬にかけて掘り起こしたものを砕いて洗い、精製する[3]。葛粉を湯で溶かしたものを葛湯と言い、熱を加えて溶かしたものは固まると透明もしくは半透明になり、葛切りや葛餅などの和菓子材料や料理のとろみ付けに古くから用いられている。ウィキペディアより)
クズの花
画像



秋はやっぱり  栗
画像



キバナコスモス
画像


大日堂の前の仁王像の前にあるイチョウ
画像


自分たちが若かりし頃設置した道しるべ
画像


大日堂の先 蓑毛マス釣り場横で金目川を渡りますが先の大雨で渡ることができない   
もと来た道を戻り迂回しました
画像


昨日同様 髭僧の滝
画像

画像



来月は実りの秋を迎えた蓑毛道をウォーキングします。
10月10日(土) 午前8時30分 蓑毛緑水庵集合です。

お待ちしています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック