活性化の視察研修 in山梨

24日に活性化の関係で先進事例研究のため山梨県に行きました。
総勢22名で、大型のバス(予定は中型・手配の都合で大型になった。ラッキー)で7時30分出発。
当日は天気良く賑やかなうちに第一の目的地高根町に

高根クラインガルテン
北杜市HPより  都市交流型市民農園として、初めての方でも快適に農業の楽しさを味わえます。広大な園内
           には、農園・農産物販売所・休養・宿泊施設・ハーブ園・ゲートボール場・収穫体験農園を備
           え、新鮮な野菜の収穫や各種手作り体験ができます。
           のどかでロケーションのすばらしい風景の中で本物に触れる余暇をどうぞ!!
          ◆区画農園  [1区画50平方メートル×180区画]  入会金10,000円・5年契約 
                    年間利用料10,000円
          ●本格的に農業に取り組みたい方の為の区画契約方式の市民農園。自分のスタイルで栽培
          してください。もちろんアドバイスを受けられるので、ノウハウの分からない方でも安心して農業
          体験が出来ます。

画像


総合センター
画像


館内
画像


夕焼け橋
 八ヶ岳や南アルプス、金峰山・瑞牆山などと共に富士山が見渡せる絶好の展望地。
 今日は靄がかかっており遠望望めず。
画像


宿泊棟のログハウス  一般にも開放 5人定員で9千円弱  早くに知っていれば利用したのに・・・
               庭ではバーベキューもできるそうです
画像


農業の後継者不足や荒廃地対策などで、村の時代に計画され5億円以上の費用が掛かった。
国と町が大部分を担ったが、2千万円程度の負担が生じた。当初は年間500万円くらいの赤字であったが、ほうとうづくりや農業の体験などで人気が高まり、過去の負債も解消し順調に経営しているとのこと。
区画の利用者は、東京方面が多く神奈川や千葉などの人もいるそうです。


次は道の駅とよとみ
  道の駅とよとみ(中央市HPより)
     「平成21年度 全国直売所甲子園」にて優勝!!
     新タナ農畜産物の開発や試食、各種体験や展示を中心とし、中央市を訪れる人々を迎え、中央市と
     都会の人々とが交流する拠点です。
    併設されたレストランでは、山梨県名産の「フジザクラポーク」を使用したメニューが大人気!!
    食後には、シルクパウダーを練りこんだ「シルクソフト」や、地元で取れた旬の果物・野菜を使用した17
    種類のオリジナルソフトクリームを是非ご賞味ください☆

画像


与一味工房  与一とは弓の名手で、那須与一本人でなく名前が同じ与一を取ってつけた名前
          ハムソーセージなどを作っている
画像


直売所の様子
画像


画像



直売所はかなりの品数がありお客さんも多かったですが、秦野には「じばさんず」という大きな農協の直売所があるのであまり参考にならなかったかな?
       参考 秦野じばさんず  http://www.jakanagawa.gr.jp/hadano/jibasanzu.htm

竿後は山梨の有名な桔梗屋(信玄餅) 
 観光バスがすごかった、店も人だらけ。全く物を買うどころの騒ぎでなかった。写真もなし


高根クラインガルテン

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック