蓑毛にも紅葉が始まる

遅まきながら蓑毛にも紅葉のシーズンがやってきました
カエデ
画像


カエデとイロハもみじ(後ろの緑)
画像


もみじとかえでの違い(もみじかえで研究所より)
「もみじ」と「かえで」の違いって何?とよく聞かれます。そもそものもみじという単語は「もみづ」という動詞が由来です。平安時代より染料として使用されてきたベニバナなどから染料を揉みだし水色に染み出すという言葉を『もみづ』と定義していました。 この言葉から派生した 名詞の「もみぢ」は当時イロハモミジ、オオモミジなどを示すわけでなく 上記のような染みだすように草木が色づいたさまを「もみぢ」として使われていました。
もみじの由来となった言葉の出てくる文献は日本に存在する最古の和歌集、万葉集の柿本人麻呂の歌や、古今集にも出てきています。
 一方「かえで」はカエデ属植物の葉形が蛙の手の形に似ているとこから「かへるで→かえで」となまって今日に至ります。もみじと同じく万葉集にも和歌に蛙手(カエルデ)の表記が見られています。大伴田村大嬢(おおとものたむらのおおいらつめ)は「わがやどにもみつかえるてみるごとに いもをかけつつこひぬひはなし」という和歌を詠み「家の庭の紅葉(こうよう)したかえでをみるたびあなたのことを恋しくない日はありません」という意味をうたっています。
 今のカエデはすべてカエデ(かへるで)と呼ばれていましたが、紅葉の代表としてもみじが認識されてきたためもみぢ=紅葉(こうよう)=モミジと置き換えられてきました。英語ではもみじをJapanese mapleと表記され、直訳すると「日本のカエデ」として認識されており、モミジとカエデを区別しているのは日本人だけです。
外国ではカエデ属植物を全て「maple」と呼ばれています。モミジもカエデも同じカエデ属の植物ですので分類学的に言えばカエデという大きなくくりの中にモミジという種の群があるイメージです。 日本での認識はイロハモミジ(Acer palmatum)、オオモミジ(Acer amoenum)、ヤマモミジ(Acer matumurae:近年のゲノム解析の結果オオモミジと分類される傾向があります)が現在日本で認識される「もみじ」に当たります。その他形は似ていてもハウチワカエデ(Acer japonicum)やオオイタヤメイゲツ(Acer shirasawanum)、コハウチワカエデ(Acer sieboldianum)は分類学的にはこれらはpalmata Sect. (カエデ節)のくくりに分類されますが日本では「かえで」ですので、葉の切れ込みの深さで「もみじ」と「かえで」が識別されているわけではありません。

ヤマボウシの実が落ち葉が赤くなってきた
画像


裏にある大きな欅の紅葉 あまり赤くならないで散っていくので今頃が見頃かな?
画像


ドウダンツツジ  もっと真っ赤になります
画像


ツワブキの花
画像


ベルベットセージ
画像

8みんなの花図鑑より)
短日植物で、日差しが短くなると花を開く。 茎先に10~30センチくらいの穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を斜めに出し、唇形の花をつける。 萼は紅紫色で、ビロード状の軟毛に覆われている。 花の色は白いものと紫色のものがある。 雄しべは5本あるが、そのうちの3本は退化している。 雌しべは1本で、先は2つに裂ける。葉の特徴葉は長い披針形(笹の葉のような形)で、十の字状に向かい合って生える(十字対生)。 葉には軟毛が生えており、先は鋭く尖る。 葉の色は淡い緑色で、よい香りがする。 葉を乾燥させたものを生薬でセージ葉といい、芳香性健胃薬とされる。実の特徴花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。この花について―その他メキシカンセージ(Mexican sage)とも呼ぶ。 別名をアメジストセージ(amethyst sage)という。ベルベットセージ(velvet sage)と呼ばれることもある。開花時期:9~11月

センニチコウ  花が咲いている時期が長い
画像


ラベンダー  夏の花なのに花が咲いた後に刈り込んだらまた花が咲いた
画像


緑水庵のもみじ  まだまだ早い  11月末からライトアップします
画像

画像


同 水車小屋近くは色づき始めた
画像


蓑毛の下の寺山の道沿いのナンキンハゼ
画像

画像




緑水庵の紅葉はまだ早いですが、蓑毛のあちこちに気の早い紅葉がチラホラ見れます。
11月末から12月初めまで緑水庵紅葉ライトアップを行います。
11月29日にはイベントを行い、蓑毛初登場のスチールパン(実近友里恵さん)の演奏も聞けます。
今年は不漁で値段が高いといわれているサンマを焼いて、1匹50円で売ることも考えています。

是非おいでください。


緑水庵

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

文ちゃん
2015年10月31日 18:48
綺麗な紅葉が蓑毛を彩り始めましたね。緑水庵の紅葉のライトアップが楽しみになりました。さんま五十円に惹かれて伺ってみようかな!。そうそう、昨日川口湖畔を歩きました。富士山に紅葉を始め、桜やドウダンツツジ、銀杏など素晴らしい秋の色を観ることが出来ました。なんといっても、富士山がバックにみられる。最高のロケーションでした
minogeman
2015年11月01日 07:26
文ちゃんさんコメントありがとうございます。
ライトアップについては後日詳細を載せます。
河口湖の散策紅葉の中楽しかったと思います(行きたいなー)
ライトアップのイベントでは焼きサンマ、野菜の天ぷらそばやシュウマイのほか生ビールなども用意します。
是非ともおいでをお待ちします。
いぐまゆ
2015年11月02日 10:55
人生初めての里芋堀りをさせて頂き、本当にありがとうございました。
今年一番の思い出になりました。秦野の紅葉元気をもらえました。
minogeman
2015年11月04日 21:11
いぐまゆさんコメントありがとう。
人生初めての芋ほり、こちらは毎日やらされています。
でも、土いじりは都会に住む人にとっては宝物ですかネ?
またこちらに来た際にはぜひ土いじりをしていってください。
紅葉のライトアップもしますから是非おいでください。

この記事へのトラックバック