奥日光戦場ヶ原と小田代ヶ原 & 氷瀑 庵滝  No,1

18日から19日にかけて、悪友たちと奥日光に行ってきました。

雪の中を歩くのが目的で、あわよくば氷瀑がみれたらと思いつつ、第一日目は華厳の滝を見学しながら戦場ヶ原でスノーシュの体験。

今年の華厳の滝はかなりの水量で壮観な眺めでした。周りが一部凍っていた。
画像


この氷柱もかなり大きいのだろうね
画像


観瀑台に覆いかぶさるような岩壁  柱状節理の岩が見事
画像


画像


柱状節理(ウィキペディアより)
 (ちゅうじょうせつり、英: columnar joint)は、岩体が柱状になった節理。六角柱状のものが多いが、五角柱状や四角柱状のものもある。玄武岩質の岩石によく見られ、マグマの冷却面と垂直に発達する。


明智平よりの男体山  山体一面に砂防工事の跡がある
画像



戦場ヶ原到着  一面雪に覆われていますが新雪でなくかなり固くなった雪です
正面の山並みは前白根?
画像


アイゼンで歩くほうが楽だと思いますが、せっかく借りたスノーシューを担いで歩くのは・・・・・
スノーシューに履き替え 皆初めてで、お腹周りを気にしながら 四苦八苦しながら
画像


お腹が苦しー、膝が痛ーいなど言いながら みな悪戦苦闘しながら取り付けてます
画像


雪が結構固く滑ったら・・・・・ドボーン  ぎこちなく慎重に
画像

画像


小川の畔を歩く
画像

画像


山の景色も少しづつ変わって
画像


学術的な説明版が沢山あります   参考になる―――
画像


延びている木道  雪が無い  これからスノーシューはどうする  各自が判断
画像


男体山を背に 先生?を先頭に イチニ、イチニ イチニ
画像


白樺林越しの男体山
画像


枯れ木も絵になります
画像


白樺と青空と
画像


この橋が一番危険だった  雪が盛り上がっていて固く滑りやすい
画像


泉門池(いずみやど)  難解文字だね!  
画像


泉門池付近から男体山
画像


出発点の三本松茶屋から  12時15分出発で15時15分到着  3時間の雪中ウォーキングでした
画像


奥日光湯元温泉に宿泊  雪灯里(ゆきあかり)のイベント開催中  27日まで
画像


画像


画像



この湯元温泉のお湯は最高、硫黄の匂いがまたたまらない。 泉質最高!!!
まさか、匂いでは のぼせないよね???

翌朝、テレビを見ていたら見慣れた景色が映っていた。  雪灯里 だって、ここだよー
気象予報士の依田さんが来ていてここからライヴで放送していた。
早速・・・
朝焼けと東屋
画像


中継車と朝焼け
画像


いました  中継中   遠くから望遠で
画像


画像


画像


氷結している湯ノ湖
画像


一番低い所が金精峠
画像

画像





今日はこれから戦場ヶ原から小田代ヶ原を通り弓張峠で分岐した沢の先にある 庵滝に行きます。

No,2 に続きますのでよろしくお願いします。


湯ノ湖

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

いぐまゆ
2016年02月26日 14:20
おお、すごい。依田さんだ。
うらやましいです。
minogeman
2016年02月27日 17:50
最初すぐ前を通っても気が付きませんでした。
写真も気軽にOKもらいました。
良い人ですね。

この記事へのトラックバック