花の入笠山  ゴンドラ山頂駅から入笠山・大阿原湿原・テイ沢を通り周回

先日10日の梅雨の晴れ間を縫って3回目となる入笠山に行く。

花の入笠山と他の人のブログやHBに刺激されてのこと。

特に アツモリソウに興味が。

鎌無ホテイアツモリソウと云う固有種らしい。  山彦荘の庭先で
画像


同 キバナアツモリソウ  花自体は上のアツモリソウより数段小さい
画像


朝10時に富士見パノラマゴンドラ山頂駅を出発。
山頂駅周りのスズラン群生からの八ヶ岳
画像


数分で入笠湿原に 
画像


ここのクリンソウ
画像


同 群生
画像


クリンソウは、少し湿った沢や、水が湧き出ているところなどに沢山咲いている。ちょうど見頃かも?

クリンソウ(ウィキペディアより)
 (九輪草、学名Primula japonica)は、日本原産のサクラソウ科サクラソウ属の多年草。
北海道、本州、四国の山間地の、比較的湿潤な場所に生育し、せせらぎや渓谷の湿地などに時に群生する。高さ30-90cmほどになり、日本に自生するサクラソウ科の植物のなかでは最も大型である。10-20cmほどの鋸歯を持つ葉のロゼットを作り、花季となる4-6月にその中心から花茎が伸びる。花は花茎を中心に円状につき、それが数段に重なる姿が仏閣の屋根にある「九輪」に似ていることから名前の由来となっている。花の色は濃い紅紫色(径2-2.5㎝)が普通だが、ときにピンクや白、絞り咲きなどの変種も見られる。
花が大きく美しいため山野草として人気があり、庭に植えられることも多い。園芸品種はヨーロッパでいくつか作出されたが、普及はしていない。

湿原の先のお花畑(旧スキー場)より  レンゲツツジ
画像


花畑からのレンゲツツジ
画像


ツマトリソウ
画像


ユキワリソウ?
画像

画像


スズラン
画像


穂高連峰と槍ヶ岳の遠望  朝方は八ヶ岳が雲の中で、反対の北アルプス方面が良く見えた。
画像


マイヅルソウ
画像


定番の鎖場  だれも使っていない
画像


ズミとカラマツの先の八ヶ岳
画像


レンゲツツジ
画像


レンゲツツジとズミ
画像


入笠山山頂 11時着  人が沢山
画像


小学生の団体   4校くらいが来ているそうです。
画像


山頂のズミ  ピンク色をしていて綺麗
画像


ズミもあちらこちら沢山咲いている
画像


快適なルート(大阿原湿原手前)
画像


画像


画像


サルオガセ
画像


お吸い物に入れて食べたい(トロロ昆布ではない
画像


テイ沢のニリンソウ
画像


オサバグサ?
画像




半分くらいですが取り敢えず公開します。

続きは少しお待ちください。再編集します。


この記事へのコメント

いぐまゆ
2016年06月21日 15:23
わ~すごくきれいですね。お写真で癒されました。
来年は絶対田植え教室参加したいです。
minogeman
2016年06月25日 05:45
田植え以外もいろいろやっています。
お待ちしています。

この記事へのトラックバック