テーマ:散策

蓑毛の里山散歩

春が来たかと思えばあっという間に桜が散り、それを追いかけるようにいろいろな草花が蓑毛の里を彩っています。 クリムゾンクローバー 蓑毛運動公園の駐車場下の田に咲いています。 ワレモコウも 初めて見付けた キンラン ギンランも キンラン(ウィキペディアより)  山や丘陵の林の中に生え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3回 てくてくウォークin蓑毛 の準備(散策路の草刈り)

8月9日のてくてくウォーク開催に向け髭僧の滝周辺の散策路の草刈りをヤマビル対策も兼ねて実施しました。 前回の時もかなり草が生い茂り、散策路が狭くなっており、おまけに前日の雨の影響で散策路全体が相当湿っていたため、ヤマビルがあちらにこちらにかなり見受けられた。 それと、ヤマビル対策としてヤマビルファイターという忌避剤(殺虫)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「てくてくウォークin蓑毛」お披露目式開催(6月14日)

道しるべの看板設置が6月初旬に終わり、14日にお披露目式を開催しました。 当日は梅雨の真っ最中でしたが絶好のウォーキング日和。 大勢の人たちの参加で開催することができました。 東小学校5・6年生による道しるべ 式には、秦野市長の代理の八木副市長や久保寺県議会議員、須山東地区自治会連合会長をはじめに、 いろいろな面で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道しるべ完成「テクテクウォークin蓑毛」

先に東小学校の児童 5・6年生にお願いして書いてもらった 「テクテクウォークin蓑毛」の道しるべの看板設置をしました。 書き終わった道しるべに 耐久性の良い ニス を2回塗り、乾燥させたものを取り付けました。 文字の書き込み まだ柱の立っていない髭僧の滝と春嶽堰堤のところの柱に道しるべを取り付ける。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓑毛の新しい道の散策マップ「てくてくウウォークin蓑毛」完成と道しるべつくり

2年がかりで制作していた蓑毛の散策マップ「てくてくウウォークin蓑毛」が、皆様のご協力のおかげで完成しました。 現地調査などは蓑毛の活性化の会員でしましたが、イラストは落合の(有)田代建築設計計画の田代さん、印刷はNPO日本ソープボックスダービー(蓑毛に日本総本部がある)のご協力により完成しました。 マップの設置場所は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪の後の蓑毛の桜たちと新しい散策道

1週間を空けての2度の大雪、我が家の庭にはまだたくさんの雪が残っていますが、3年前に植えた桜がどうなっているか、新しい道づくりの目的地の髭僧の滝はどうなっているか調べに歩き回りました。 桜ともみじを植えたところは、河川沿いで風通しが良いためかなり傷んでいるか心配でしたが、ほとんど無傷な状態でした。(ほっと一安心) 早咲きの河津桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶらり大山なつかし道 に参加

19日にセブンカルチャーネットワーク主催、丹沢湘南観光連携会議協力の「ぶらり大山なつかし道」に関係者として参加しました。 平塚、秦野、伊勢原、二宮、中井に広がる大山へつながる道を中心に江戸時代の人々の旅の楽しみに思いを馳せ、歴史の名残を再発見。・・・・・をコンセプトに、各地区でまち歩きを企画されたもので、第2回の秦野編に参加しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩岳高原(白馬村)7月30日  ユリと高原散策

7月30日に白馬大池に登る予定でしたが、悪天候のため翌日登ることとし、ユリが咲いている岩岳高原に行きました。 全体は、長雨や少し盛りを過ぎたためかあまりよい状態ではなかった。 そして、天気が良ければ白馬三山を始めとする雄大な後立山連峰が見えるはずでしたが。 草刈り作業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森林セラピー(山北町)

森林セラピー 河村城址・洒水の滝コースを散策しました。 山北駅前の健康福祉センターを起点に約2時間のコースです。 洒水の滝は数年前の山北地区の大災害の詰め爪痕が残っており、赤い橋から先は立ち入り禁止になっれいます。以前はこの滝で滝行(禊)をしている姿を見かけました。 出発点の山北駅近くの道標 住宅地を抜けると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山古道 坂本道 を歩く

大山古道の坂本道を歩きました。(蓑毛にいながら初めて歩きました。) 説明は秦野の古道を調査している「まほら秦野みちしるべ」の資料( 「    」 枠使用) によります。 緑水庵のトレードマークの水車小屋(「明治半ばから昭和にかけて東地区には13軒の水車小屋があった。設置されているものは1988(昭和63)年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓑毛散策(緑水庵から髭僧の滝 約2時間

立春ももう間近な暖かい日に蓑毛を散策。 緑水庵を9時に出発 緑水庵入り口の水車小屋  水車にはまだ氷が 県道62号(秦野清川線)を50mほど行くと青年橋  ここで左折し金目川に行きます。 途中の梅畑の梅  まだ蕾が硬い 金目川沿いの桜ともみじの広場   大山の雪はほとんど見えません。 途中の民家の夏ミカン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more