テーマ:シロヤシオツツジ

咲き始めたシロヤシオツツジとコイワザクラ&富士山  檜洞丸にて

今週から何やかや忙しくなるため、急きょ檜洞丸に登りました。 コイワザクラがまだ残って咲いているのと、シロヤシオが咲き始めたのを知って 西丹沢自然教室を5時30分に出発。 すぐ裏を流れる東沢 上流のゴーロ沢を渡ることになる。 東沢と本流は交差する反対側に西沢がぶつかっているため、勝手に西丹沢の十字峡と呼んでいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きつかった檜洞丸(シロヤシオとミツバツツジ)

山頂の色鮮やかな トウゴクミツバツツジ(アカヤシオツツジ)  ここ数年恒例となった檜洞丸のシロヤシオ(ゴヨウツツジ)を総勢8人で見に行きました。 今年は開花が例年より1週間早く、花の着きもあまりよくないとのこと。 通常2時間40分くらいで山頂を目指しますが、花を観賞しながら時間をかけて登りました。 西丹沢自然教室…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜洞丸と五葉躑躅(シロヤシオ)  2

下山しながらのシロヤシオツツジやミツバツツジもまた格別  もんげー 同じような写真だらけになりますが・・・・・ トウゴクミツバツツジ(東国三葉躑躅)  葉が3枚 シロヤシオツツジ(御用躑躅、五葉躑躅) 葉が5枚 今日一番鮮やかだったトウゴクミツバツツジ 下山時の展望台  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜洞丸と五葉躑躅(シロヤシオ)

シロヤシオツツジ   (太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹である。ブナ帯に生育し、時に直径数十cmの大木となる。葉は倒卵形で、縁が薄く赤く色づくことがある。 枝先に5枚の葉が輪生状に付くことから、別名としてゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも呼ばれる。その他、シロヤシオツツジとも。 花は5-6月に咲く。花は白く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロヤシオツツジを見に檜洞丸に

5月の初旬に登った西丹沢の檜洞丸(1551m)にシロヤシオツツジが見たく再度行きました。 1週間以上遅いといわれていましたが、いろいろと都合があり今日の登頂となってしまった。 (途中から画像が見れない場合、そこをクリックすると大きな画像となります。よろしく) いきなり、頂上付近のシロヤシオツツジ   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more