テーマ:写真

みのげ里山自然村の収穫祭  10月30日

自然村の稲刈りは、生憎の雨(かなり土砂降り)で残念でしたが、そこで取れたお米や野菜を使っての収穫祭です。 メインの餅つき 先ずはカマドの火おこし 釜は2つ  釜炊きごはんや豚汁用に こちらは いもこじ  ブログのタイトルと同じ。 里芋を容器に入れ板で掻き混ぜる。掻き混ぜられた芋は互いにこすれあって綺麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秦野盆地の雲海と富士山

ブログをちょっとお休みしていましたが、再開します。 10月26日の雲海  秦野盆地は神奈川県唯一の盆地で、このころから雲海ができやすくなっています。 太陽が上がり気温が上がると雲が散乱し雲海がなくなります。それまでの少しの時間が見どころとなります。 島のように浮かんでいるのが弘法山、ここにお城があるとよく見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近場の山登り  金時山・矢倉岳

遠くの山に行けないときは近場の山に行く。 10月に入り 金時山と矢倉岳に登りました。 共に1時間30分位で登れる山ですが、侮ると酷いことになります。 くれぐれもご用心を・・・ 10月2日 蓑毛の棚田で婚活の稲刈りがあり、それが終わって急きょ登ることに。      金時山  天気はあまりよくない、お昼頃の出発で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硫黄岳 2

草木の生えない急斜面 奇跡的に霧が晴れた  左から横岳、主峰 赤岳、中岳、阿弥陀岳の途中まで 盟主 赤岳  紅葉の具合がまた良い 横岳 またまた、横岳、赤岳、中岳  良い雰囲気 霧にかかった横岳 硫黄岳への稜線   赤岳、中岳、阿弥陀岳 横岳と広がる裾野 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳 硫黄岳に登る

9月24日に硫黄岳に登りました。7月の赤岳・横岳に続いての八ヶ岳  八ッに魅了されています。 日頃の足腰の衰え防止と、新たなる山への挑戦券の獲得のためです。 茅野側の桜平からの挑戦、アプローチが比較的短く日帰り登山が可能だったのでここを選びました。 しかし、またもや天気が良くない。予報では午後から雨とか??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回「お月見の会」が盛大にできました

今年で7回目となる 蓑毛緑水庵での「お月見の会」が ワインバーの翌日 18日に開催しました。 昨日の酔いが残っている中、早朝の8時から準備、前日にある程度の準備(舞台や提灯など)はできていたが、朝から雨、小雨だったので何とか決行したいと最終の準備をしていたら、10時頃から本格的な雨。 最新の天気予報を聞きながら、しばし準備は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月・宮酒・ワインバー  蓑毛初登場

9月の中秋の名月の17日に、ご当地初登場のワインバーが緑水庵で開催されました。 なにせ初めてのことであり、ここに来るお客さんがいるかどうかドキドキでした。 16時に開催でしたが、早い人は少し前からのタクシー乗り付けでご来場、幸先よろしいと思いいったん帰宅。 30分位過ぎて再度緑水庵に、あれ、人が増えていない・・・・ 嫌な予感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓑毛 緑水庵からのお知らせ 2件

9月17日に「満月・宮酒・ワインバー」を開催します。 午後4時からです。 初めての試み、沢山の人が来てくれると嬉しいです。 IWAO(山口岩男)さんのライブが決定しました。・・・・凄い IWAO(山口岩男)さんの≪Profile≫ 1963年、山形県生まれ。早稲田大学第二文学部中退。ギタリスト、シンガ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

燕岳 白砂と奇岩の山 夜明けから

モルゲンロートっぽいの山荘と燕岳 燕山荘での食事は大変おいしかった。席に着くと食事が並べられていて、どれも美味しく冷えてもいなかった。 白馬山荘では御飯が今一(標高が高いと気圧の関係でコメがうまく焚けない)だったが、ここのご飯は美味しくお代わりをしたくらいです。(写真無く( ノД`)シクシク…残念) 夜中に起きて星空を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燕岳 Part2

台風一過の好天に恵まれた燕岳。ずっと前からの憧れの山でしたが、雑魚寝が嫌で山小屋泊ができなく登る機会がなかったが、7月の白馬岳での山小屋泊を経験してからの今回2度めの山小屋泊の山行。 苦しい急登を登り終えた安ど感と、槍ヶ岳を始めとする北アルプスを一望する絶景で、今までの疲れが一気に吹っ飛ぶ。  これだから山はやめられないという人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北アルプス三大急登を登って燕岳に

台風一過の9月1~2日にかけて、長い間の念願だった燕岳に登りました。 北アルプスの三大急登のひとつ、合戦尾根からのアプローチ。 朝5時半に穂高町を出て一路登山口の中房温泉に向かう。 途中で日の出に会う。 道路から見上げた山、ナビで見たら有明山。有明山は有明富士(信濃富士・安曇富士)と呼ばれ、富士山に似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根 飛龍の滝

箱根の旧街道を登っていたら「飛龍の滝自然探勝歩道」の看板が飛び込んできた。 畑宿の寄木会館の駐車場に車を停めて歩くことに。 最初は舗装された車道を歩きます。真っ直ぐな舗装の急な坂を上ると水道の配水池があり舗装はそこまで。 やがて山道に入り、沢を橋で渡るとだんだん山道の様相となります。 道端のは沢山のミズヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みのげ里山自然村」の8月イベント

8月13日に 「みのげ里山自然村」のイベント   田や畑の管理と流しソーメンを行いました。 先月に続いて田の草取り 畑の管理は基本の草むしり これが結構大変 ちっちゃな子供も一緒に 真剣に草むしり こちらでは? 少し飽きてきて水遊び 田の中のほうが涼しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の日 「そうだ大山に行こう」に参加

掲載遅くなりました。 8月11日の山の日に今年で3回目となる「そうだ大山に行こう」を、市と共同で開催しました。 当初100人の参加者を予定していましたが、結局30数名の参加とスタッフで総勢50人で大山に登りました。 前日の雨で、山ビルと湿気の嫌な予感がしましたが、予感的中  山ビル沢山。 湿気むんむん。 山ビル対策は、山ビル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの清里  変わっていましたー

某所の視察研修で清里方面に行ってきました。 最近は通過はするけれどじっくり時間を取っての見学は無かったので何があるのか楽しみで… 最初はお決まりの八ヶ岳倶楽部  柳生さんはいらっしゃらなかった。 次はまきば公園   これも良く立ち寄る。 八ヶ岳が良く見えた 途中の東沢大橋からの八ヶ岳 次は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新花の百名山  三ツ峠山

レンゲショウマという花を知らなかった。ヤマレコの三ツ峠山のレポートを読んでいたらこの花を見つけた。 何回か登った山ですが、このような花があったとは。 金峰山に登る予定を立てていたが、天気が良くならず曇りと雨、霧の予報ばかり。 安全安心登山を心掛けているので、金峰山を断念し三ツ峠山に登ることに。 金ヶ窪登山口 8時50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根大涌谷解禁

26日に小規模噴火で立ち入りできなかった大涌谷が解禁されました。 谷周辺はまだ立ち入ることができませんが、すぐ近くで状況が見られます。 ロープウェイも谷の上空を噴煙の中通っています。これってすごいと思います。 周辺の木は白化しており、霧氷に覆われているような感じです。 何回も来ていますがこのように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳  Part3

大分上がってきました 波が山肌に打ち付けているような雲海 満足げに皆さん下山 いよっ 日本一 アップ 白馬岳山頂 朝日を浴びた山並み  杓子と鑓  その先に穂高と槍  更に右に穂高と剣  絶景絶景 山頂付近の高山植物 ツガザクラ タカネヤハズハハコ(タカネウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳  Part2

小休止の後白馬山荘へ チシマギキョウ? イワギキョウ? ここにも見頃のウルップソウの群落が シナノキンバイと一緒に あちこちに咲き終わったのも入れるとすごい数、でも絶滅危惧種だそうです(とるのは写真だけ) ハクサンイチゲ、シナノキンバイ、ウルップソウの白・黄・紫の三色揃い踏み 頂上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳  リベンジ成功

7月10日に白馬岳の登山口の猿倉まで行きながら、雨と濃霧で断念した悔しさから、毎日天気予報と睨めっこ。 予定の空いてるのが19日と20日しかなかったけれど、天気予報は相変わらずの雨と曇り。 しかし突然18日の予報から雨が無くなり、晴れと曇りの予報に変わった。21日からはまた天気が良くない。 急きょ、前回の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みのげ里山自然村」だより 7月10日

 「みのげ里山自然村」の当初の予定は、田植えと稲刈り、収穫祭の3回でしたが、皆さんからそれ以外の事業を計画してくれとの希望から、月に1回の作業をすることにしました。  もちろん都合がつく方が参加で行うことで、今回は7月10日に 稲の間に生えた雑草を取る作業(これが結構大変で、農家の人も嫌がる仕事です)を計画しました。  当日は6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岳を断念し乗鞍岳に行きました。

ちょうど七夕の昨日、友人たち4人で白馬岳に1泊登山をしたく、山頂小屋を予約し登山口の猿倉で車中泊をしました。 6日の夕方向かいましたが、天気の予報がめまぐるしく変わるので、もしかしたら・・・・ 悪い方のもしかしたらになってしまい、7日の明け方から雨が降り出し、3時過ぎからイライラしどおしで空を見上げていました。 しかし、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳の最高峰 赤岳登山とウルップソウ・ツクモグサなど No.2

横岳の山頂までは行きませんでしたが、三叉峰近くまで行き念願のウルップソウを群生で見たので引き返し、赤岳に登ることに。 砂礫を好むコマクサ  さすが高山植物の女王 ミヤマダイコンソウ ハクサンイチゲ ミヤマシオガマ イワカガミ ツガザクラ これから登る赤岳への道  赤岳への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳の最高峰 赤岳登山とウルップソウ・ツクモクサなど  No、3

帰りの道端にも疲れた体を綺麗な花が癒してくれます 行者小屋に到着   赤岳を仰ぎ見る 横岳方面 これから樹林帯の中を美濃戸に 樹林帯の中にも癒しの花 カラマツソウ ホテイラン???  みたいですね、調査の番号札が付いています。 全く不明  道端に咲いていた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳の最高峰 赤岳登山とウルップソウ・ツクモソウなど

先日の入笠山で見た八ヶ岳の名峰 赤岳に登ろうと、山の先輩(年は若い)からのお誘い。 横岳 三叉峰近くから赤岳への道 ウルップソウがちょうど見ごろとのこと。この花は、本州では白馬岳と八ヶ岳だけにしかなく、以前から見たいと思っていた花の一種。 梅雨の合間で26日か27日が天気が良さそうとの予報。平日の27日に決定。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラ鎌倉

以前歩いた天園ハイキングコースの反対側の、葛原ヶ丘・裏大仏ハイキングコースを歩きました。 北鎌倉駅を出発し、最初はかけこみ寺で有名な東慶寺に いきなり  (煩悩・煩悩) 心頭滅却して 紫陽花に囲まれた参道 オレンジのグラジオラスと白い半夏生 白い紫陽花と半夏生 岩の壁面に一面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八方池トレキング

早朝より姫川支流で岩魚を釣り、ゴンドラが動き始めたころ川から上がって八方池を目指しました。 というより、天気が良くなってきて釣りには不向きとなったため急きょ目的変更をしたもの。 ゴンドラ駅から リフト終点から五竜岳方面 ノビネチドリ  八方池山荘前で キバナイカリソウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓑毛の棚田で田植え  第2弾  第3弾

6月11日蓑毛地区活性化対策委員会主催の「みのげ里山自然村」の田植えと、12日の湘南ウエディングサポート主催の婚活イベントの田植えを、先月の小田急電鉄主催の「2016農業体験」での田植えに続き行いました。 「みのげ里山自然村」とは、蓑毛の棚田で年間を通してコメ作りをするもので、年間の参加費3,000円(お土産として取れたお米6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の入笠山  ゴンドラ山頂駅から入笠山・大阿原湿原・テイ沢を通り周回 No,2

すみません、時間の都合で途中で終わってしまって。 オサバグサ(再掲) テイ沢には、ジダヤクシュやニリンソウなどと共にたくさん群生していました。 オサバグサ(あきた森づくり活動サポートセンターより)  日本特産の1属1種。葉はシダの葉に似ている。真ん中に筋があり、左右に羽根状の葉がつく。花茎の上部に花が多数つく。花は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の入笠山  ゴンドラ山頂駅から入笠山・大阿原湿原・テイ沢を通り周回

先日10日の梅雨の晴れ間を縫って3回目となる入笠山に行く。 花の入笠山と他の人のブログやHBに刺激されてのこと。 特に アツモリソウに興味が。 鎌無ホテイアツモリソウと云う固有種らしい。  山彦荘の庭先で 同 キバナアツモリソウ  花自体は上のアツモリソウより数段小さい 朝10時に富士見パノラマゴン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more