御師の里 蓑毛で   (徒然なる いもこじ日記) 

アクセスカウンタ

zoom RSS 燕岳 Part2

<<   作成日時 : 2016/09/05 21:04   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

台風一過の好天に恵まれた燕岳。ずっと前からの憧れの山でしたが、雑魚寝が嫌で山小屋泊ができなく登る機会がなかったが、7月の白馬岳での山小屋泊を経験してからの今回2度めの山小屋泊の山行。

苦しい急登を登り終えた安ど感と、槍ヶ岳を始めとする北アルプスを一望する絶景で、今までの疲れが一気に吹っ飛ぶ。  これだから山はやめられないという人が多い。

画像


昼食を小屋前のベンチで生ビールを飲みながら・・・周りの景色を見ながら至福の時間を過ごす
画像


燕山荘(えんざんそう)の 生メガ 1000ml ではありません、その下です。 でも、こんなところでという感じですね
画像


休憩後燕岳山頂を目指す  ここから30分の行程???
画像


燕岳でのお決まりのイルカと槍ヶ岳
画像


少し近づく燕岳  奇岩がいっぱい
画像


奇岩また奇岩   しかし、イルカに似た奇岩が多い
画像


画像


画像


途中から山荘方面を振り向くと
画像


画像


更に近づく山頂へは白い砂の道を登る
画像


トウヤクリンドウ
画像


山頂に近づくにつれて急登となる  鋭い岩峰
画像


めがね岩??? 片眼??
画像


でも、ご安心を  反対側からは立派なめがね岩
画像


画像


砂礫のところに高山植物の女王 コマクサが咲いていました。時期的にはだいぶ遅い気がしますが、私たちが来るのを待っていたような???   ありがとう!!
画像

画像


ここを登り切れば山頂
画像


燕岳山頂  2,763m  登り始めは 1,462m  高低差 1,301m  よく頑張った!!
画像

画像


山頂からの眺め  北燕岳方面
画像

画像


燕山荘方面
画像


山荘から延びる尾根伝いに行けば大天井岳、更に進めば槍ヶ岳や常念岳へと続く北アルプスの表銀座コース
画像


ふり返ればまだ山頂に人が、土日は凄い混みようで山頂渋滞するそうです。
画像



岩にはこんな穴が開いている。これがだんだん浸食されいろいろな形に変わっていく前触れか?
画像


帰りがてらの北アルプスの表銀座コース  今度は挑戦したい!!!
画像


トウヤクリンドウ
画像


コマクサ
画像


これらの岩が風雪で削れて白い砂浜になったのか?
画像


山荘の横の奇妙な岩峰
画像


山荘が近づく
画像


振り返った燕岳山頂
画像


イルカ岩に帰ってきましたが、槍ヶ岳は雲の中
画像


山荘周りの高山植物
画像


ヤマハハコ
画像


画像


トリカブト
画像


コマクサ
画像


メガから大・中・小 揃い踏み  昼時に飲んだのは大1パイだけです。この時間に素通りは忍びないが夕食まで我慢
画像


山荘奥の展望台から  テント場が見える
画像



部屋の入って夕暮れまで仮眠、部屋は6人部屋ですが4人でかなりゆったり寝ることができた。すいててよかった。


夕暮れ時の景色
画像


画像


槍の穂先が
画像


画像


画像


夕焼けが終わるとお休みの支度。
爆音いびきをかかぬように気を付け寝ることに(他人迷惑ですが、それでもって人一倍他人のを気にする嫌な性格の持ち主・耳センは持っていますが)

夜中に起きて星空観察・・・・カメラテクが悪く  スミマセン⤵
画像



次は日の出からお伝えします。
朝焼けが見事です。
ご期待ください。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
燕岳 Part2 御師の里 蓑毛で   (徒然なる いもこじ日記) /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる